クーパー靭帯とは

クーパー靭帯とは、胸を支えている靭帯の事を呼びます。

 

胸が大きい人でも、小さい人でも、胸はクーパー靭帯に支えられているのですが、クーパー靭帯に傷がついてしまうと、そのまま元には戻らなくなってしまうと言われています。

 

クーパー靭帯は、胸の上にあるのですが、太い輪ゴムの様な物で、切れてしまったり、伸びてしまうと、そのまま元には戻りませんから、胸を支える事ができなくなってしまい、垂れた胸を作り出してしまうのです。
胸の高さを変える事で、バストアップをしたいと考えている人の場合、クーパー靭帯が伸びてしまっていると、ブラジャーで補正をしていても、ブラジャーを外すとすぐに、垂れた胸となってしまいます。

 

クーパー靭帯に傷がついてしまったり、伸びてしまう行為としては、ブラジャーで補正をしっかりとしていない状態で、走ってしまったり、寝る時に、ブラジャーを着用しないという人や、バストアップのために激しいマッサージを取り入れてしまうという行為になります。
輪ゴム同様に、伸ばしたり、ひっぱったりする事で、傷がついたり、伸びきってしまう事が予想されますから、いつでもしっかりとブラジャーをつけ、クーパー靭帯を守りましょう。
クーパー靭帯は、いつ切れてしまうかわかりませんし、切れる時に音がするわけではありませんから、自分自身で切れてしまったことには気が付かないのですが、垂れた胸は元に戻すことができませんから、バストアップの方法には、十分注意しましょう。